トップへ

ドゥーラ協会では、産前産後の母親とくらしを支える専門家「産後ドゥーラ」を養成しています。

ドゥーラ協会では、
産前産後の母親とくらしを支える専門家
「産後ドゥーラ」を養成しています。

ドゥーラ協会では、
産前産後の母親とくらしを支える専門家
「産後ドゥーラ」を養成しています。

ドゥーラ協会では、
産前産後の母親とくらしを支える専門家
「産後ドゥーラ」を養成しています。

産後ドゥーラ養成講座は、妊娠・出産・子育てを支えるための知識を体系的に学習できるプログラムです。プログラム修了後に認定を受け、開業のための準備を経て、産後ドゥーラとしてお仕事を開始することができます。

「母となりゆく女性を支えたい。」そんな想いを持った産後ドゥーラが、全国各地で活躍しています。仲間とともに学び、あなたも自分の住む町で活動を始めてみませんか。

産後ドゥーラ養成講座 3つの特徴

産前産後の女性特有の
ニーズに応えるための、
知識・技術をじっくり習得
心身ともにセンシティブな状態にある産前産後の女性に合わせたコミュニケーションをとりながらサポートができるよう、70時間以上の時間をかけてじっくり習得します。講師に迎えるのは、産前産後のプロである助産師を中心に、産婦人科医・看護系大学教授・管理栄養士といった専門家たちです。
現場で起こりえる
様々なケースを想定した、
実践的な学び
産前産後の女性をサポートする現場で起こりえる様々なケースを想定したロールプレイングや、産後ドゥーラとしてどんな活動をしていきたいかを深めていくためのワークショップなども充実。ただ学んでインプットするだけでなく、仲間とともに学び、実践に活かせるプログラムです。
活かし方は人それぞれ。
開業を目指す方には、
開業指導も充実
産後ドゥーラの資格の活かし方は人それぞれ。産後ドゥーラとして開業したい方はもちろん、すでにご自身で活動されていて、+αで産前産後の知識を深めたいという方も、もちろん大歓迎です。はじめて開業をするという方には、個人開業における心構えや広報活動などの開業指導も充実しています。

こんな方におすすめ

  • 子育て経験を活かし、子どもをもつ女性を支えたい
  • 保育士やベビーシッター、アロマセラピストなどの資格を活かして働きたい
  • 人を支えることに喜びを感じる
  • 一人ひとりとじっくり向き合う仕事が好き
  • すでに産前産後支援に関わる仕事をしていて、スキルアップを図りたい
  • 個人で開業し、産後のお母さんを支えたい方

受講条件・費用など

受講条件

  • 高等学校卒業資格を有する方で、25歳以上の方。
  • 自主的に責任を持って活動いただける方
  • 現在、妊娠中ではないこと。産後1年以上経過していること。(妊娠中・産後の母体に負担をかけないため)。お子様を預けて講座にご参加いただけること。
  • 現在治療中の大きな病気などがある場合は、事前にご相談ください。
  • 個人用のメールアドレスをご用意いただける方(協会からの連絡は主にメールにて行われます)。

受講および認定後の費用

受講に関する費用

  • 産後ドゥーラ養成講座受講料 345,000円(税込)
  • 産後ドゥーラ養成講座研修料 77,000円(税込)

(参考)認定後に必要な費用

  • 保険料  保険料の目安は、約8,000円~16,000円/年(加入保険・タイプによる)
    • 開業にあたって、ドゥーラ賠償責任保険(損保ジャパン日本興亜)及び同等以上の保険の加入を必須としております。
    • その他、育児家事支援保険(あいおいニッセイ同和損保)に任意加入できます。(条件あり)
  • 広告掲載料(任意)9,600~12,000円/年(税込)
    • 公式HP内で個人プロフィールページや連絡先を掲示することができます。
  • 認定更新料  10,000円(税込)/年
    • 認定は毎年更新となり、更新料が必要です。認定された翌年から更新が必要となります。
  • 認定者に対するドゥーラ協会のサポートについては、こちらをご覧ください。