資格を取る

妊娠・出産・子育てを支えるための知識を体系的に学習

産後ドゥーラ養成講座

産後ドゥーラ養成講座を受講し、試験・面談に合格した後、
訪問研修による現場経験を経て「産後ドゥーラ」の認定を受けることができます。
認定を受けた後は、広報や保険に加入する等準備を行い、
個人事業主として独立した仕事を行います。

講座の特徴

心身ともにセンシティブな状態にある産前産後の女性特有のニーズにこたえ、
サポ―トするための知識・技術を体系的に学習します。
講師は、産前産後のプロである助産師をメインに看護系大教授・管理栄養士や
産後ケアの制度を作ってきた
専門家で構成され、全75時間の実践的な講義が行われます。

産後ドゥーラ養成講座

< 講座内容 >

・ 産後ドゥーラのあり方  ・ 妊産婦の心身の変化  ・ コミュニケーション方法
・ 乳幼児の保育実習  ・ 産後の食事と調理実習  ・ 救命救急実習など

< 講座回数 >

年2回開講(4月開講/9月開講)
※年度により開講月が変わる場合があります。

< クラス構成 >

・ 平日コース  ・ 土日コース
※2クラス合同授業および前期試験は、コース設定の曜日と異なる場合があります。


講師プロフィール

代表理事 宗 祥子

助産師/本事業発起人/松が丘助産院院長/(公社)東京都助産師会理事

理事 福島富士子

助産師/東邦大学看護学部長/(一社)産前産後ケア推進協会理事/(一社)子育て包括支援推進機構理事/国立保健医療科学院元上席主任研究員

理事 梁川妙子

中野区健康福祉審議会委員/元区議会委員/産後ドゥーラ/保育士/認定子育てアドバイザー

理事 宮川明子

鍼灸師/(公社)日本アロマ環境協会元理事

監事 石村あさ子

助産師/(一社)助産婦石村代表/(公社)東京都助産師会元会長/(公財)東京都助産師会館元理事

助産師 渡邊寛子

小平市健康センター委託 助産師/保健師

助産師 清水幹子

(一社)矢島助産院助産師・筑波大学大学院非常勤講師・SANE(性被害者支援看護職)

管理栄養士 岡本正子

管理栄養士・国際薬膳師・中医薬膳専門栄養士


受講から認定までの流れ

養成講座受講から認定まで約4ヶ月半かかります。
5ヶ月目の開業を目指します。

スケジュール表

受講要件と費用

<受講費用>

産後ドゥーラ養成講座〈受講料〉
¥345,000円(税込)

※教材費・試験料を含む。修了者には公式エプロン・帽子を贈呈

産後ドゥーラ養成講座〈研修料〉
¥77,000円(税込)

※認定料を含む。認定者にはIDカードを交付。公式名刺等を贈呈

<認定後の費用>

■ 認定更新料

1万円(税込) ※IDカード交付

■ 賠償責任保険料

ドゥーラ保険の場合1万円前後
(3パターンあり)

※ドゥーラ保険は、損害保険ジャパン株式会社の産後ドゥーラ向け賠償責任保険です

■ 広告掲載料

年間1万円前後(2パターンあり)

※ドゥーラ協会ホームページの「産後ドゥーラをさがす」ページに掲載を希望する場合のみ

ドゥーラ協会のサポート

<認定者の特典>

  • 産後ドゥーラ専用ページの利用
  • 「産後ドゥーラの集い」「研修」への参加
  • 産後ドゥーラIDカードの発行(更新者対象の身分証明書)
  • 賠償責任保険制度の加入(有料)
  • ドゥーラ協会ホームページでの広告掲載(希望者のみ、有料)
  • ドゥーラ協会の公式ロゴの使用
  • ドゥーラ協会の広報ツール等の購入
  • 公式ミニチラシの無料配布

<スキルアップサポート>

認定後もスキルアップのための研修を行い、より良いドゥーラサポートが提供できるようバックアップしています。

<コミュニティ形成サポート>

年に1回、「産後ドゥーラの集い」を開催しています。全国各地から様々な認定期のドゥーラが集まり、情報交換をしながら横のつながりを作る場となっています。

<広報活動サポート>

協会HP「産後ドゥーラをさがす」ページでの紹介、チラシやパンフレットといった広報ツールの提供を行い、広報活動をサポートしています。

講座申込は、講座情報・申込みをご覧ください。