トップへ

お申し込みにあたっての確認事項

お申し込みにあたっての確認事項

お申し込みにあたっての確認事項

お申し込みにあたっての確認事項

【1】受講に関する確認事項

【心がまえ】

  1. 一般社団法人ドゥーラ協会の認定産後ドゥーラとして、「母親も、すくすく育つ世の中に。」のミッションのもと、自主的・意欲的に活動する意思があること
  2. 産後ドゥーラの役割を正しく理解し、ドゥーラサポートの基本となる「母親サポート」「家事サポート」「育児サポート」を習得する意欲があること
  3. 母親に優しく寄り添い、思いやりを持って支える姿勢で活動しようという気持ちを持っていること

【受講資格】

  1. 高等学校卒業資格を有する方で、25歳以上の方
  2. 【心がまえ】の内容に同意できる方
  3. 心身共に健康である方 (治療中の病気や既往症などがある場合は、事前にご相談ください。)

    ※ドゥーラ協会では、産前産後の大切な時期を、感性豊かにゆったりと過ごしていただきたいと考えているため、妊娠中~出産後1年未満の方の受講はお断りしています。

【受講上の注意】

  1. 禁止事項
    養成講座のテキスト・配布資料・投影資料等、講義内容の著作権は、ドゥーラ協会に帰属します。講座内容の録音/録画/写真撮影/無断複写/転載/SNS投稿/営業目的の無断利用を禁止します。(個別に許可するものを除く)
    養成講座のテキスト等は、個人の学びを目的としてご活用ください。
  2. 受講期間中の注意
    1. 遅刻・早退
      規程の時間を超えての遅刻・早退は、欠席の扱いとなります。(交通遅延も含む)
    2. 欠席
      認定試験の受験は、基礎編・実習編をすべて受講していることが条件となります。(基礎編はWeb受講が可能です)
      欠席があった場合は、翌期又は翌々期で振替受講していただき、すべての講座を受講し終えた振替期にて試験を受けていただくことになります。
    3. 課題提出
      講座期間中、求められる課題については、定められた期限内に必ず提出することが必要です。期限を超えた場合、提出されなかった場合、課題終了と認められない場合は、翌期又は翌々期での再受講となる場合がありますのでご留意ください。(認定試験は、再受講した期で受けていただくことになります。)
    4. 広報掲載
      養成講座の模様を、ドゥーラ協会の広報活動に活用する場合があります。写真撮影など広報掲載がお困りの際には、講座開講前にお申し出ください。
  3. 受講料支払上の注意
    1. 受講料(基礎編・実習編)のお支払は、支払スケジュールに従って、期限までにお振込ください。
    2. 受講料(基礎編・実習編)の分割払を選択された方は、振替等の理由で申込期に受講できない場合でも、申込期の支払スケジュールに従って、お支払を継続いただくこととなりますのでご承知おきください。
  4. web受講での注意
    産後ドゥーラ養成講座では、基礎編をwebで受講していただくことができます。

    1. ご自身のパソコンやプリンタ、インターネット環境の確認をお願いいたします。
    2. パソコンからの視聴を推奨します。スマートフォンからも閲覧は可能ですが、一部OSでは閲覧できない場合があります。
    3. インターネットの通信量に制限がある場合(「1ヶ月あたり5GB上限」等の契約をされている場合)、動画ダウンロードの際に制限を超えてしまうケースがあります。受講中は「無制限プラン」等としていただくなどして、受講前までに各自、確認およびご対応をお願いいたします。
    4. 講座に関する資料をダウンロードしていただくことがありますので、プリンタに接続できる環境で受講してください。
  5. メールアドレスについて
    1. 申込時のメールアドレスは、出来るだけ、ご家族のアドレス以外の「個人PCメールアドレス」をご記入ください。携帯アドレスで申込される場合は、認定試験までに「個人PCメールアドレス」をご用意いただくことをお薦めします。
    2. 産後ドゥーラとして活動する上で、ご利用申込の確認などにインターネットやメールを使用します。必須ではないものの、ブログの開設・更新などをおこなうことも、申込の増加に関わってくるため、パソコンの利用を推奨しています。

【受講資格の喪失】

申込時にドゥーラ協会に提出いただいた内容に虚偽が認められた場合、あるいは受講中の言動等が、受講生として又は産後ドゥーラ認定にふさわしくないとドゥーラ協会が認めた場合は、受講をお断りすることがあります。その場合は、受講料の返還はいたしません。

【2】産後ドゥーラの認定・活動に関する確認事項

【産後ドゥーラ認定規約の遵守】

産後ドゥーラに認定された後は、認定の要件、責務、権利等を定めた「産後ドゥーラ認定規約」の遵守をお願いしております。認定規約に違反した場合もしくは産後ドゥーラにふさわしくないとドゥーラ協会が判断した場合は、認定資格を取り消すことがあります。その場合、下記の【ドゥーラ協会からのサポート】 2. 3. は途中解約の上、返金されます。

【ドゥーラ協会からのサポート】

ドゥーラ協会は、産後ドゥーラの養成・認定を担う団体です。「派遣」は行っておりませんが、当会HP等を通じた広報支援業務、フォローアップ研修、賠償責任保険制度への加入手配等を通して、認定産後ドゥーラの皆様の活動をサポートします。

  1. 認定は毎年更新され、認定の翌年度末から更新料を納入いただきます。
  2. 産後ドゥーラとして訪問活動をする場合は、ドゥーラ賠償責任保険制度(団体保険)の加入を必須としています。数パターンの保険タイプからご希望に応じて選択・加入いただきます。
  3. ドゥーラ協会HPへの情報掲載を希望する場合には、広報サポート料が必要です。(任意)

【個人事業としての業務へのご理解】

認定後に産後ドゥーラとして訪問活動する場合は、個人で事業を行う形式となります。広報活動、ご利用者様とのやりとり、会計業務等もすべてご自身で行うこととなります。また、利用申込件数等は、広報活動など個人の努力により左右されることをご理解の上、お申し込みください。