トップへ

企業・産育休中の方向け:イベント開催のお知らせ

※好評につき定員を増やしたため、会場が変更になりました⇒地図はこちら

働く女性の産後~復職までを支援する3団体、NPO法人マドレボニータ、一般社団法人ドゥーラ協会、認定NPO法人サービスグラントが協働し、復職を見据えた『積極的な育休活用のススメ』をテーマにイベントを開催します!

テキスト

出産前の方、育休取得中の方、企業の人事ご担当者の方、パートナーの方まで、幅広い方々のご参加をお待ちしております。

『積極的な育休活用のススメ』開催概要

◎日程

2017年8月30日(水)13:00 ~15:30 (12:45受付開始)

◎会場:会場が下記へ変更になりました。

STANDARD 会議室 虎ノ門HILLS FRONT 5階 小ホール
住所:東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル ※虎ノ門ヒルズとは異なります。

交通:東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 4番出口より徒歩6分

<地図はこちら>

◎対象

  • 人事・人材育成・ダイバーシティ推進のご担当者
  • 産休・育休中の方
  • 今後産休・育休を取得予定の方
  • 現在仕事はされていないが、出産後に再就職を目指したい方
  • 取材を希望するメディアの方 他

◎参加費

無料

◎定員

50名

◎詳細

http://www.servicegrant.or.jp/event/index.php?id=223

◎お申し込み受付中

https://business.form-mailer.jp/fms/6e904e3d72142

※ 本イベントは事前申込制です。申込みなくご参加はできませんのでご了承ください。
※ 生後210日以内(誕生日が2017年2月1日以降)のお子様のみ同伴可能です。

当日プログラム

13:00 オランダの事例紹介

ユニセフが2013年に公表した「子どもの幸福度調査」で、首位となったオランダ。制度で定まっている産後のケアから始まり、働くパパやママが育児をしやすいシステムもあります。そんなオランダの事例を、出産・産後の研究をしている方からご紹介いただきます。
【東京大学 医学部 三宮 柾名様】

13:30 積極的な育休活用について

積極的な育休活用の必要性

女性活躍推進の隠れたレバレッジポイント「積極的な育休活用」の考え方、見過ごされてきた育休中の課題、これからの企業に求められる新しい復職支援についてお話します。

  • 出産~産褥期(産後8週間まで)のポイント
    心身ともに健康に復職するために、妊娠中からの産後プランニング、ライフスタイルの見直し、産褥期の過ごし方や母親に寄り添うエモーショナルサポートの必要性についてご紹介します。
    【一般社団法人ドゥーラ協会】
  • 産後リハビリ期(産後2~6ヶ月)のポイント
    産後リハビリ期を「身体と心のリハビリ」と「仕事への想いを取り戻す」時期にするために「取り組む産後ケア」の重要性、それを実現するマドレボニータのプログラムと効果をご紹介いたします。
    【NPO法人マドレボニータ】
  • 復職準備期(復職6ヶ月前~)のポイント
    復職後すぐに「仕事モード」へと切り替え、仕事の成果を上げるために必要なポイントや、NPOを支援をしながら復職に向けたウォーミングアップ・スキルアップを実現する「ママボノ」をご紹介します。
    【NPO法人サービスグラント】

14:45 パネルディスカッション
~積極的育休が女性社員の活躍につながる~

どのように育休を過ごすことで復職後も活躍することができるのか、そのためには何が必要なのか…など、各サービスの利用者が集い、育休を積極的に活用し、復職後も活躍していくためのポイントについてディスカッションをします。

15:30 閉会

◎ チラシはこちらからダウンロード可能です
『積極的な育休活用のススメ』チラシ

一般社団法人ドゥーラ協会
NPO法人マドレボニータ
認定NPO法人サービスグラント