トップへ

ドゥーラ協会公式HP
能城 成子

ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ

能城 成子(のぎ せいこ)

東京都大田区 / 1980 年生まれ

https://www.instagram.com/p/BmxJpmwHGin/?utm_source=ig_web_copy_link

プロフィール

※※※現在スケジュールは、10月×、11月×、12月×となっております。2020年1月以降のご予定で、継続的なご依頼を受け付けております。単発でのご利用はご相談ください。※※※

※※※産前産後プランニングは、火曜・金曜以外もお引き受けしております※※※

1980年和歌山県生まれ。

小学生の時、母の無償の愛を描いた映画「ステラ」を観て母になることを決意。

けれど、最初の妊娠は稽留流産でした。

そして、次の妊娠中に東日本大震災を経験し不安の中2011年長男、2013年二男を出産。

2012~2018年、大田区洗足池の民家を開放した子育て支援に出会い、利用者から1年後にボランティアスタッフを始めました。

田舎から東京に出て、知人がいない中での子育て。落ち着ける場所、遊び場を探しました。洗足池の子育て支援、そこが私たちの居場所に。

私のように東京で「ここで育児をしていこう!」というママの支えになりたいです。

サービス内容

訪問可能エリア

・大田区久が原駅から自転車で30分以内
・東急池上線 荏原中延駅~蒲田駅
・東急多摩川線 多摩川駅~蒲田駅
・東急東横線 自由が丘駅~武蔵小杉駅あたりまで
・大田区京浜東北線より西側のエリア
・品川区荏原地区全域、二葉、西大井まで
(自転車で訪問の場合、交通費はいただきません)

訪問可能時間

火曜日・金曜日 10:00~16:00(祝日は応相談) 
産前産後プランニングは、上記以外でもお引き受けします。
夏期、冬期長期休暇中については、訪問時間をご相談いただく場合があります。

料金例

◎産前産後プランニング
90分~2時間程度、2000円でお受けします。
(パートナーの方や、ママの育児を支えてくれる方はどなたでもご一緒下さい)

※産後プランニングとは
産後の生活は、これまでとは全く違う新しい生活のスタートです。赤ちゃんを家族に迎え入れ、子育てが軌道に乗るまでの道しるべをお話しする時間です。ママのお困りごと、やってみたいこと、やってほしいこと、なんでも気軽にお話し下さい。ママが休める環境を整えること、笑顔でいられることを目指しママのお考えをアウトプットしてみませんか。

◎1時間あたり3000円
(自転車で行ける距離であれば交通費はいただきません。上記エリア以外は公共交通機関の交通費がかかります。)


◎”オススメ”
2時間30分 7500円

☆ハッピー8回目割引

2時間30分8回目7500円→6000円に割引します。
(毎回2時間30分以上のご依頼の方に限ります)

☆その他

①紹介割引
②おでかけ同行割引(赤ちゃんとのお出かけの際、ご利用ください)

(詳細はご依頼時にご相談ください)

助成金適用

品川区

こども商品券

利用可

アピールポイント

・実家の農家直伝のお野菜料理が得意です。実家は農家、食べるものの大切さを産まれたときから沁みこんで育ちました。旬のものを旬に味わい、季節を感じられる食事を大切にしています。

・赤ちゃんの離乳食~幼児食もたくさん試行錯誤しながら作ってきました。大人も子どもも楽しめる食事作りが得意です。

・男の子2人(小学生、幼稚園生)の子育て中。

・個別指導学習塾で子どもに勉強を教えていました。上のお子さまの相手だけでなく、勉強についてもご相談いただけます。

・幼稚園選びも一緒に考えます。学習塾時代に培ったお子さまにあった園選びのポイントをお伝えします。

・コールセンター勤務の経験より、お話を聴くのが得意です。頭の中だけでぐるぐる考えをめぐらせるよりも、誰かに考えを話すことで新しい発見がうまれたり、大きい問題と思っていたことが実はそんなに大きなことではなかったと気付くことがあります。どんな些細なことでも、気軽にお話し下さい。

・産前産後の家事支援&整理収納のプロに自宅に来てもらったことで、生活がとても良い方向に変わりました!
専業主婦であることのうしろめたさから家事や育児は1人でするもの、人に頼むなんてとんでもないと思いこんでいました。たまには甘えてみることも、意外と良い結果につながるのですよ~とお伝えしたいです。

・サポート活動は、ご自宅での育児、家事のお手伝いだけではなく、2週間健診、1か月健診など、産後すぐの不安なお出かけにも同行します。公共交通機関での移動も安心してサポートいたします。一緒に赤ちゃんとのおでかけに少しずつ慣れていきましょう。きっと、赤ちゃんが来てくれるまでは知らなかった新しい世界が開けてきますよ。

産後ドゥーラになったきっかけ

子どもが好きだから、きっと自分の思い描く母になれるはず!と思い込んでいました。けれど頭は産むことだけ。

産後は母乳トラブルにみまわれ「出産後もなぜこんな痛みと付き合わなくてはいけないの?」「こんなんじゃない!」と思う日々。

そんな私も子育て支援のスタッフを経て、たくさんの家族と出逢いました。仲良くなった家族は皆転勤等で引っ越され、寂しい思いを経験しました。

私自身が田舎から出てきて育児をする大変さを味わい、同じようにこの場所で子どもを育てて頑張っている人の支えになりたいと思いました。

妊産婦さんへのメッセージ

「あなたの家族のように寄り添います」
I will take care of you like family.

産前産後の女性はなにかとデリケート。そんな時だからこそ、あえて人に頼ってみませんか。

「お国ことばでお話しください」

私自身、和歌山の田舎で育ちました。自分の気持ちを、ふるさとの言葉で話せると肩の力が抜けませんか。私はお国ことば大好きです。よければ、私も関西弁で話します。気をつかわないでください。かざらなくてかまいません。


活動写真

能城 成子
能城 成子
この産後ドゥーラに問い合わせる