トップへ

彦坂 美和

ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ

彦坂 美和(ひこさか みわ)

東京都目黒区 / 1975 年生まれ

プロフィール

東京都出身 三人姉妹の長女です。
妹たちや近所の子供たちを引き連れて公園で遊びまわる、元気でめんどうみのよい子供でした。妹たちや近所の子たちを集めて自分で考えたダンスを教えたり・・・
食いしん坊だったので、友達や妹たちとよくお菓子作りもしていました。

体を動かすことが好きで、学生時代はソフトボール部やハンドボール部に入り、練習の日々を送っていました。

社会人となり、商社の総務部人事課にて採用全般、労務関連、研修、社内行事の運営などに携わっていました。とくに新卒採用活動では、会社説明会から面接、採用から入社後の研修まで携わり多くの学生と会う機会がありましたが、色々な方との出会いは得ることが多く、人と接していることが好きです。

29歳で結婚。それと同時に夫の転勤で千葉県成田市に転居することになりましたが、やりがいのあった仕事を続けたく、片道2時間以上かけて通勤していました。その後、転勤となり都内へ転居し、勤務先が近くなったころから子供を考え始めましたが、そこからが試練の連続・・・

36歳で長男を出産するまでに、3回の流産・・・たくさんの涙を流してきました。
夫婦二人の生活も考え始めた時・・・お腹にやってきてくれた赤ちゃん、そして無事に生まれてきてくれたときの感動はいまでも忘れません。

赤ちゃんを授かり、元気に生まれて来てくれることは奇跡の連続なんだということを感じています。こどもは家族の『たからもの』ですよね。

長男の出産を機に、やりがいもあり好きな仕事でしたが、やっと授かった赤ちゃんとじっくり向きあって育児をしてみたいと思い、退職しました。
その後幸せなことに長女も授かることができ、5歳と2歳の男女の母です。

わたしは、たくさんの人に支えられ、母になりました。そして母になってもたくさんの方に支えられています。子育ては、たくさんの手をかりて良いのです!

産後ドゥーラとして、現役子育て中の母親として、お母さんたちの支えになりたいと思っています。

サービス内容

訪問可能エリア

東急東横線・日比谷線 中目黒駅より30分圏内

訪問可能時間

10時半~13時半(月曜日・火曜日・金曜日)
※土日祝日ご相談に応じます。

料金例

■初回プランニング(1.5時間)

産前 2,500円 + 交通費(実費) 
産後 3,000円 + 交通費(実費)

■産後サポート ※2時間よりお受け致します。

1時間 3,000円 + 交通費(実費)

---------------------------------------------------------------------------------
サポート内容

■ママサポート
産後は体をしっかりと休めることが何よりも大切です。
仮眠をとる、お風呂につかる、お茶を飲んでホッとする・・・など
ゆっくりお過ごしください。
小さな悩みの相談も、遠慮なくどうぞ。
育児へのスムーズな導入をサポート致します。

■家事サポート
掃除、洗濯(洗濯物を干す、畳む)
お料理(体に優しい和食、作り置きのおかず、ご家族のごはん、離乳食 など)

■育児サポート
赤ちゃんのお世話(沐浴、ミルク、おむつ替え、寝かしつけ など)
上の子の日常生活のお世話(食事のお手伝い、遊び、読み聞かせ など)

■その他
病院への通院・検診の付き添いや、赤ちゃんとのお出掛けに同行します。

アピールポイント

・現役子育て中です。沐浴などお任せ下さい。
・上のお子さんのお世話、お任せ下さい。(5歳・2歳の母です)
・産後の体にやさしい和食中心のお食事をお作り致します。
・絵本の読み聞かせ
・お話をじっくり伺います。
・ご希望により、タッチングケア承ります。

産後ドゥーラになったきっかけ

結婚7年目にやっと授かった命。たくさんの人に支えられ、辛い経験を乗り越えて母になることができました。
周囲から祝福されて幸せいっぱいの妊婦生活でしたが、出産の大変さ、産後の辛さ・大変さは全く知りませんでした。

お産事体は順調でしたが、赤ちゃんを胸に抱いたあと、胎盤がうまく出て来ず、胎盤を取り出すことが必要となり、緊急手術となった為、出血が多く、産後の体はボロボロでした。

全身の浮腫みがひどく、歩くのも、少し先のトイレに行くのも大変、それに加えて睡眠不足、おっぱいや会陰切開の痛みなど…『産後がこんなに大変なんて知らなかった!』と嘆きました。

幸い、里帰りで母のサポートを受けることができましたので、体は徐々に回復することができ、自宅へもどりましたが、初めての育児・・・そこからが本当の意味での赤ちゃんとの生活のスタートでした。

赤ちゃんは、とっても可愛くて愛おしいけれど、いつも寝不足で、大人と話すことも減り、社会から孤立したように感じた時もありました・・・。

産後のお母さんたちは自分のことは後回しで心身をゆっくり休める時間がなく、心にゆとりがなくなったり、体調の変化に気づかないことも多いかと思います。

子供を授かるまでにたくさんの方に励まされ、辛いときも前を向いて進むことができました。少しでも産後の女性に寄り添える仕事がしたい、そう思い産後ドゥーラを目指しました。

お母さんの笑顔は家族みんなの笑顔です。いつも頑張っているお母さんたちのお役に立てれば幸いです。

妊産婦さんへのメッセージ

産後のお母さんは、赤ちゃんのお世話で精一杯。疲れていても不安を感じていても我慢してしまう…。産後にじっくりと休養をとることはお母さんの大切な仕事なのです。
家事や育児をお手伝いするだけでなく、お話相手にもなります。
頑張り過ぎてしまうお母さんのそばに寄り添い、心を込めてサポートさせていただきます。


活動写真

彦坂 美和
彦坂 美和
この産後ドゥーラに問い合わせる