トップへ

朝倉 郁未

ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ

朝倉 郁未(あさくら いくみ Ikumi Asakura)

東京都杉並区 / 1977 年生まれ

http://www.happyell-doula.jp/

プロフィール

神奈川県生まれ
1999年~2007年7月まで、パソコンなどのサポートエンジニア・FAQ作成担当としてフルタイム勤務をしながら、ネイルスクールに通いケア・カラーなどのディプロマを取得
2007年8月以降、産休~育休(延長含む)~復職(時短勤務)のサイクルを2回経験
引き続きFAQ作成の傍ら、作成者育成も担当
2014年4月に退職し、3週間の準備期間を経てドゥーラ活動を開始

M2-PUAビューティーアカデミー 認定ネイリスト
東京都子育て支援員(第1期認定)

夫、2007年生まれの長男、2009年生まれの長女との4人暮らし

☆詳しくは、はぴえるのホームページをご覧ください☆

サービス内容

訪問可能エリア

☆多数のご依頼があるため、杉並区の子育て応援券、ならびに、中野区のかんがる~プランのご利用は、自転車で訪問できる範囲【方南町・永福町・代田橋各駅周辺、および、中野富士見町駅より南西部】にお住まいの方限定とさせていただいております☆

☆せたがや子育て利用券をご利用いただけるようになりました☆

出発駅:京王線代田橋駅(駐輪場代100円がかかりますが、丸の内線方南町駅、京王井の頭線永福町駅も利用可)

通常の訪問可能エリア
杉並区、世田谷区、中野区、渋谷区、新宿区、港区、および周辺区&市
遠方のお客様は相談に応じます。
自転車でお伺いできる範囲の方は、交通費がかかりません。
駐輪場利用の場合は、1回100円を頂戴します。

※自転車訪問実績(訪問先の最寄り駅)
  京王井の頭線 浜田山、新代田
  京王新線 初台
  京王線 代田橋、永福町
  東京メトロ丸の内線 東高円寺、中野富士見町、方南町

訪問可能時間

平日 10:00~16:00
お近くの場合は、多少の前後延長も可能です。
また、土日祝日でもお受けできる場合があります。
いずれも詳しくは、お問い合わせください。

料金例

☆お宮参り用ベビードレス無料レンタル中☆
※次の方のために、着用後のクリーニングをお願いしています。

初回プランニング&お試しドゥーラサポート
1.5時間 産前3000円 産後4000円

ドゥーラサポート
2時間30分 8500円~(1時間あたり3500円・2時間30分の場合250円割引)
原則として、2時間30分以上のご利用をお願いしています。

いずれも交通費が別途必要です。

※杉並区の子育て応援券ならびに中野区のかんがる~プランご利用の場合は、2時間からのご利用で1時間単位の延長が可能です(価格はそれぞれ異なります)。

こども商品券

利用不可

アピールポイント

ママに寄り添いながら、ご家族みなさまの幸せを応援します!

ママのための食事作り、シッティング(赤ちゃん&上のお子様)、ハンド&ネイルケア(主に胡粉ネイル)、PC&スマホ操作支援など、ご要望に応じたサポートを提供します。

サポート内容、曜日、時間など、ママのご要望に応じてフレキシブルに対応します。

誰かの手が必要なママ、ならびに、ママを助けたいと想うあなた様からのお問い合わせ・ご依頼をお待ちしております。

♪お話しながらのハンドトリートメントが好評です♪

★2014年5月より、杉並区初のドゥーラとして活動を開始・以降の延べ訪問件数 400回以上★

産後ドゥーラになったきっかけ

長男出産の際、里帰りせずに夫と二人で乗り切れると思い込んでいました。
今思えば無謀な挑戦でした。
そんな私たちに、経験者の母は「じゃあ私がそっちに行くから」と言い、泊り込みでサポートしに来てくれました。
それが正解だったことは、出産してはじめて分かりました。

そんな感じで双方の両親のサポートなどがあって、何とか産褥期以降を乗り越えました。

ところが、そうではない友人知人がいることを知り、私は恵まれていたことに気が付きました。

でも特に何かできるわけでもなく、第2子の育休後復職し、忙しくも充実した日々を送っていました。

2013年、ドゥーラの存在を知り、その半年後に開催されたホームドゥーラ養成講座を受講しました。
ところが、受講期間中に第3子を繋留流産するという事態に。。。

それでも受講を続けてホームドゥーラになり、その先をどうするか悩みましたが、「誰かがどこかで、頼る手を探しているなら、私はその手になりたい。」という想いを実現できる産後ドゥーラになろうと決意し、養成講座を経て、産後ドゥーラとして転職・独立しました。

妊産婦さんへのメッセージ

ご懐妊、ご出産おめでとうございます!

赤ちゃんに会える日が楽しみですね♪

どうか無理をせず、ご出産まで穏やかにお過ごしいただければ幸いです。

そして、ご出産後の産褥期は、からだが元の状態に戻ろうとする期間であるため、少なくとも床上げまでは、赤ちゃんといっしょに常に横になっていただくのが理想です。

核家族化が進んで久しい現代ではなかなか難しいことですが、少しでもその理想に近づけるよう、心を込めてサポートさせていただきます。

誰かの手を借りるのは、ちっとも悪いことではありません。

どうかあなたも、お一人やご家族だけで解決しようとせず、まわりのみんなを頼ってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


活動写真

朝倉 郁未
朝倉 郁未
朝倉 郁未
朝倉 郁未
この産後ドゥーラに問い合わせる