トップへ

ドゥーラカフェ in なかの vol.1
〜中野区登録ドゥーラによる取り組み〜

ドゥーラカフェ in なかの vol.1

2019年9月11日(水)は、中野区在住のプレママ(妊婦さん)と産後ママと赤ちゃんを対象に、セ木口画室@中野沼袋で、「第一回 ドゥーラカフェ in なかの」を、きんぎょの会とのコラボ企画で開催いたしました。

〜事前告知用のチラシより〜

産前産後のママのなごみランチの会
ドゥーラカフェ in なかの

中野には「中野区認定産後ケア専門家・産後ドゥーラ」がいるのをご存知ですか? そして、産後ドゥーラたちのサポートを助成金でご利用できる制度「中野区妊娠・出産・育児トータルケア事業」(かんがるープラン)があります。

産後ドゥーラは産前産後のママに寄り添って日々サポートをしています。
当日は、産後ドゥーラたちの愛情たっぷりの手作りのお料理を囲んで、ゆっくりなごんでいただきます。また、シンプルで美味しいお料理の実演もします。子育てが楽しくなるヒントを見つけに来てくださいね。チラシより〜

お知らせをはじめてすぐに予想を上回るお申込みをいただき、当日は13組がご参加くださいました。

中野区に登録して地元を中心に活動しているドゥーラ4人が中心となり、新たにデビューするドゥーラ3人が助っ人で参加。地域の子育て支援活動をしているきんぎょの会の主催者もあわせて、賑やかに会は進みました。

朝は9時半に集合…
皆で雑穀米のおにぎりをせっせとにぎり、一升と五合分のおにぎりができました!
ドゥーラの曽我部ゆかりは、離乳食にも応用できるかぼちゃの塩蒸しと基本の重ね煮を担当。基本の重ね煮は作り方をご披露し、味噌汁に応用。

ドゥーラの橋爪ゆき子は、きゅうりとみょうが、お豆腐のぬか漬け、大根の紫蘇漬け。

梁川妙子はもやしと小松菜のナムル。

山田恵子は白玉粉とお豆腐のお団子、きなこと黒蜜がけ。

桑原千洋は、トマトとオクラの胡麻和え、小松菜とエノキ、油揚げの煮浸し。
…と、

それぞれが持ち寄ったお料理がプレートに並ぶと、綺麗な見栄えにテンション上がりました。テーブルに並んだプレートは合計22人分と圧巻でした。

ドゥーラカフェ in なかの vol.1

ママたちのランチの間は、ドゥーラが赤ちゃんを抱っこして、ゆっくり召し上がっていただけるよう配慮。

ドゥーラカフェ in なかの vol.1
ドゥーラカフェ in なかの vol.1

きんぎょの会とセ木口画室のオーナー関口敦子さんの計らいで、15時まで会場を解放してくださり、ランチの後は、ママたちは情報交換に、ちびっこたちはのびのびと遊びに夢中でした。

お申込みが予定より多くなり、前日まではどうなることかと思ってましたが、会は終始和やかに進みました。

反省会では、3カ月に一度ぐらいのペースで継続したいね!と熱い思いを確認。ドゥーラたちの親密度も増した一日でした。

以前は…
中野区で活躍するドゥーラは私とIさんの二人だけの時期もありました。
当時は二人で「ドゥーラの家」というチームを作っていました。
Iさんは、昨年千葉県君津市に引っ越して今は地元で助産師として活動されています。当日はIさんも参加してくださる予定が台風の被害で来れなくなり…。
セ木口画室を繋げてくれたIさんに感謝をしながらの開催でした。
次回はぜひIさんも参加できますように。
そして、甚大な台風被害を受けた千葉の皆さまの生活が一日も早く、元に戻りますよう、祈ってます。

災害のニュースを聞くたびに、赤ちゃんや小さい子のいるご家庭に、地域でつながりがもてる安心感のある社会を、と願います。
レポート/2期 曽我部ゆかり

◎この記事に関連する産後ドゥーラの情報を見る

※掲載希望者の情報のみ公開。画像をクリックするとプロフィールページに飛びます。
(掲載されているプロフィールは、掲載時点のものです)

ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 曽我部ゆかり
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 梁川妙子
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 山田恵子
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 橋爪ゆき子
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 桑原千洋
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 小嶋智恵子
ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 野中小夜子