ドゥーラの講座・資格course & qualification

ドゥーラ協会では
● 出産前後の女性を支援する「産後ドゥーラ」の養成 
● 妊娠・出産・産後・子育てにまつわる講座の企画 
を行っています。
ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像

申し込み受付中の講座について

※現在、お申込み受付中の講座はございません

ドゥーラ協会の講座に関心をお持ちいただき、ありがとうございます。

ドゥーラ協会では、2015年4月より、新カリキュラムによる講座を開設します。
2012年3月の当会発足より、5期にわたる「産後ドゥーラ養成講座」を開講して参りましたが、
ドゥーラへのニーズが高まる中で、またドゥーラの人数も増えて行く中で、
産後の母親に寄り添い支援していくために必要な知識・技能の習得を強化したカリキュラムへの刷新を予定しております。

新カリキュラムでは、より多くの方に産後ドゥーラとして活躍いただけるよう、産後ドゥーラ養成講座のみの開設となります。 ホームドゥーラ養成講座は開設しませんが、その講座内容は産後ドゥーラ養成講座の中で学ぶことになります。
すでにホームドゥーラ養成講座を修了されている方も、新カリキュラムの講座にお申込みいただけます。
お申込みの際に、受講済みの旨申請いただければ、新講座受講料からホームドゥーラ養成講座受講料分を減額させていただきます。

産後ドゥーラ養成講座第6期の開講は、来年4月を予定しております。
また、それに先立ち、産後ドゥーラについてご理解いただくためのプレ講座を、来年2月に開講する予定です。
講座の日程および募集につきましても、来年2月ごろの公開を予定しておりますので、新講座開設まで、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



産後ドゥーラの養成について

ドゥーラ協会では、
出産前後の女性に寄り添い支える「産後ドゥーラ」を養成しています。
これまでのご自身の経験を生かして、あなたの思いを形にしてみませんか?
赤ちゃんを産んだ女性が大切にされる社会になるように、
各地で産後ドゥーラが活躍しています。



産後ドゥーラは、母親に寄りそい支える職業です

出産後は、妊娠・出産によって大きく変化した心身を回復させるため、十分な養生が必要です。そんな時、産後ドゥーラが家事や育児を支え、母親の心と身体をいたわるお手伝いをします。
赤ちゃんとの新しい生活をはじめるには、まずは母親自身が愛情と優しさで包まれ、安心できる環境をつくることが大切です。産後ドゥーラは、妊娠中から子育て期の女性に寄りそい支えることに重点を置いています。赤ちゃんのお世話をベースにしたベビーシッターや、家事メインのホームヘルパーとの大きな違いはここにあります。
産後ドゥーラは産後の女性とその家族を支えることによって、新しい命のはじまりに伴走する職業です。

ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像

対象

・出産前後の女性に寄り添う「産後ドゥーラ」を目指す方
・産前産後支援の仕事に携わっている / 携わりたい方
・産前産後について学びたい方


受講条件

・成人女性。その他の資格・経験や年齢・出産経験は問いません。
・自主的に責任を持って活動いただける方
・現在、妊娠中ではないこと。産後1年以上経過していること。(妊娠中・産後の母体に負担をかけないため)。お子様を預けて講座にご参加いただけること。
・現在治療中の大きな病気などがある場合は、事前にご相談ください。
・個人用のパソコンメールアドレスをご用意いただける方(協会からの連絡は主にメールにて行われます)。


カリキュラム

全12回 (約3ヶ月) ※開催日程は、各期によって異なります。 認定試験は、別日程です。

講座では、助産師・医師・大学教授等を講師に迎え、ドゥーラとしての役割や心構え、産前産後の女性の心身の変化やその観察・コミュニケーションの取り方・家族間のパートナーシップなど母親に寄り添う上で必要なことを中心に、乳幼児の育児・産後の体によい食事作りなどの家事・開業にあたって必要な実務についても、実習を交えて学んでいただきます。この他、必修事項として、救命救急実習も行います。
講座詳細につきましては、養成講座お申込み時に、資料請求の上ご確認ください。

ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像 ドゥーラの講座・資格イメージ画像

費用
新カリキュラム決定時に公開いたします。
また、産後ドゥーラに認定された方は、任意で【ドゥーラ賠償責任保険】(損保ジャパン日本興亜)に加入いただくことが可能です。



注意事項
◎ 欠席について
認定資格を取得するためには、すべての講座に出席する必要があります。やむを得ない理由で欠席されたい方は、事務局までご相談ください。
◎ 認定について
認定は、講座中のレポート提出・認定試験・理事による面談、により判定いたします。
また、安心して産後ドゥーラをご利用いただくために、面談時にご本人確認のできるものを提示いただきます。
認定基準については、講座内のガイダンスにてご説明いたします。


お仕事を開始するまでのプロセス
  • 産後ドゥーラ養成講座のお申込み

    【講座一覧】の「受付中」からお申込みください

  • 産後ドゥーラ養成講座 受講

    全12回(実習を含む)/受講期間:約3ヶ月

  • 産後ドゥーラ認定試験および面談

    受験後、約1ヶ月以内に合否の通知が送られます

  • 認定式

    修了証および活動に必要なIDカード等が授与されます

  • ドゥーラ賠償責任保険 加入(任意)

    ドゥーラ協会が加入手続きをいたします
    申込みはいつでもOK。申込みの翌月から適用されます

  • お仕事開始

    個性を生かした、あなたらしい産後ドゥーラを目指してください

    個人事業主として、個別に活動していただきますが、
    ドゥーラ協会では、活動にあたって様々なサポートをご用意しています(下記参照)



ドゥーラ協会のサポート
ドゥーラ協会では、産後ドゥーラの派遣は行っていませんが、個人で活動される産後ドゥーラのみなさまを、さまざまな形でバックアップしていきます。

・認定取得後のスキルアップ研修および会員専用ページによる情報提供(準備中)
・公式ホームページでのご紹介およびお問い合わせシステムの利用
・ドゥーラ賠償責任保険の加入・更新サポート 
・「ドゥーラの集い」開催など、産後ドゥーラ同士のコミュニティ形成のサポート
・産後ドゥーラを活用したい企業などからの情報の発信
・ドゥーラ全体および個々の活動の広報

産後ドゥーラとして、個人で責任をもって活動することは必要不可欠ですが、
孤独な活動ではモチベーションを維持することも難しいもの。
積極的に産後ドゥーラ同士のつながりを持ち、知見を共有したり、協働でドゥーラ・カフェなどのイベントを開催したりするなど、幅広い活動をすることで、産後ドゥーラとしてのスキルも深めることができます。


産後ドゥーラは、それぞれのペースでお仕事ができる起業のための資格であると同時に、
地域の産前産後の女性を支える社会活動の一端も担っています。





<お申込み後の流れ>

ご記入いただいたメールアドレスに、送信されたかどうかをお知らせする自動配信メールが届きます。自動返信メールにお振込先のご案内を記載しますので、受講料のお振込をもって手続き完了となります。

先着順に受け付けておりますので、すでに満席となっている場合は、1~3営業日程度で事務局からメール等でご連絡させていただきます。(定休日:土曜・日曜・祝日)

このページのトップに戻る